mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mamaと絵本

2月22日「ネコの日」に読みたい ママも子どもも大好き! ネコが主役の人気絵本シリーズ〜

2月22日は、「にゃん、にゃん、にゃん」のごろ合わせで、「ネコの日」です。
今回はこれにちなんで、ネコが大活躍する絵本から、ふたつのシリーズをご紹介します。

ノラネコぐんだんが巻き起こす、ハラハラドキドキを楽しんで!
「ノラネコぐんだん」シリーズ

工藤ノリコ
出版社:白泉社

8匹のノラネコたちが毎回大騒動を引き起こす、愉快な絵本シリーズ。写真は最新刊の『ノラネコぐんだんカレーライス』です。




ひとつめに紹介するのは、「ノラネコぐんだん」シリーズです。 2012年にシリーズ初の絵本となる『ノラネコぐんだんパンこうじょう』が刊行されてから、現在までシリーズ累計150万部超! 子どもたちに大人気で、図書館でも予約待ちになることが多いそうです。

「ちょいワルなノラネコぐんだんのいたずらによって、一生懸命に働くワンワンちゃんが騒動に巻き込まれる」というのが基本のあらすじですが、ノラネコぐんだんがやらかすのは、いつも“思ってもみなかったこと”ばかり。

『ノラネコぐんだんパンこうじょう』では、ノラネコぐんだんがパン屋さんに忍び込むのですが……。
「お店のパンを食べちゃうのかな?」と思ったら、みんなでとびきり大きなパンを焼いて大騒ぎ。

『ノラネコぐんだんカレーライス』では、ジャングルのカレー屋さんに忍び込んでシーフードカレーをつくるのですが、そこに大きな大きな敵があらわれて、お店がとんでもないことに!

そんな具合に、いつも“予想外”のハラハラドキドキが待っているんです。

最後は、ノラネコぐんだんが8匹並んで正座をし、「悪いと思ってます」と反省するのが決まりごとになっていますが、その姿もすっごくかわいいんです!

ちなみに、ノラネコぐんだんは、もともと工藤ノリコさんの漫画『ワンワンちゃん』シリーズに出てくるサブキャラクターで、主人公(ワンワンちゃん)のライバルだったんですよ。



1976年から続く、大人気のロングセラーシリーズ!
「ノンタン」シリーズ

作・絵 キヨノサチコ
出版社:偕成社

元気なネコの男の子、ノンタンを主人公とした絵本のシリーズ。
写真は、シリーズ販売1位で、売り上げ 260 万部強の『ノンタンぶらんこのせて』です。




続いてふたつめは、「ノンタン」シリーズ。1976年に発行されて以来、子どもたちの心をとらえて離さない大人気のロングセラーです。 「子どものころに読んだことがある」というママも多いのでは?

「ノンタン」シリーズの魅力は何といっても、愛らしいノンタンのキャラクター。 素朴な線で描かれた白ネコのノンタンは表情が豊かで、いつも大きな目をくるくるさせながら、大好きな仲間たちと毎日楽しく過ごしています。

でも、ノンタンは決して「良い子」じゃありません。ブランコをひとりじめしてお友だちに貸してあげなかったり、夜、寝る時間を過ぎても眠れないので、外に遊びに行ってしまったり。
そんなノンタンを見ながら、「気持ちはすご〜くわかるけど、そんなことして、大丈夫なの?」と、ソワソワしながらページをめくると……。

結果は、ブランコをめぐってお友達とケンカになったり、暗い夜に外で遊んで散々な目に合ったりという具合。そして、そうした失敗から子どもたちは(ノンタンも!)、お友だちと仲良くすることの大切さや、生活習慣を守ることの意味など、生きていくうえで大切なことを学んでいきます。

また、「とってん とってん ばしゃばしゃ とってん」「あわぶく ぷくぷく ぷぷぷう」など、優しい言葉の繰り返しが効果的に使われているのも、シリーズの魅力。
読み聞かせをしていると、子どもが一緒に口ずさんでいたりして、とっても楽しい気持ちになれます。





たくさんのストーリーからお気に入りを見つけましょう

愛嬌があってちょいワルなノラネコぐんだんと、良い子とはいえないけれど、元気で友だちと遊ぶのが大好きなノンタン。
いたずらしたり、失敗したりはするけれど、どこか愛らしく、どこか憎めないキャラクターが、ふたつの作品に共通した魅力です。

どちらのシリーズもいろいろなストーリーがそろっているので、「どれがいちばん喜ぶかな?」「この話は好きそう!」と子どもたちのことを思い浮かべながら、楽しく選んでくださいね。




児玉 真悠子

約10年間、出版社にて書籍編集を経験後、フリーランスの編集&ライターへ。
就活やキャリア、ビジネス実用などのノウハウ本を主に担当。
現在は、ママ向け&子ども向けのコンテンツ制作をメインに活動中。2児の母でもある。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア