mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mama知っ得!情報

ママ小児科医に聞く、乳幼児のインフルエンザ予防接種

冬の感染症と言えばインフルエンザ。毎年12月中旬から流行り出し、1~2月に大流行する傾向があります。
厚生労働省の調査結果によると、2014〜15年の流行シーズンから2016〜17年シーズン(13週まで)におけるインフルエンザ患者のうち、0~4歳児の割合は10%程度。「自費の予防接種だし、痛い思いをさせるのもかわいそう。うちはまだ受けなくていいかな」と考えている方もいらっしゃると思います。でも、状況によっては“予防接種を受けておいたほうがいいケース”もあるんですよ!

今回は小児科医であり、2児の母でもある森戸やすみ先生に、乳幼児のインフルエンザ予防接種の基礎知識を伺いました。

赤ちゃんはインフルエンザワクチンを打つべき?

インフルエンザは生後6カ月から受けられる予防接種。インフルエンザワクチンは1歳未満への効果があまり高くないため、中には接種をすすめないという小児科の先生もいます。本当のところはどうなのでしょう?
「予防効果がまったくないわけではないので、打って無駄になるということはありません」と話すのは森戸先生。「お母さん方に相談されたときは、まず『保育園に行っていますか?』『人の多いところに連れ出す予定はありますか?』と質問します。それで、保育園に行っている、空港に行ったり混み合った鉄道などに乗ったりする予定があるという方には、0歳児でも接種をすすめるようにしています」(森戸先生)。

インフルエンザワクチンはいつ打てばいいの?

「ワクチンの抗体は5~6カ月ほど有効。10月中旬から予防接種が始まる病院も多いですが、そのタイミングで打ったとしても春先まで効果があります。受け忘れてしまうくらいだったら早めに受けてしまったほうがいいですね」(森戸先生)。

逆に受け忘れたという人や、もうインフルエンザにかかってしまったという人も、まだ遅くはありません。B型インフルエンザは2月や3月に流行のピークを迎えますし、1シーズンにA型とB型のインフルエンザにかかる人もいます。流行期までに予防接種を受ければ、効果は十分にあります。

2回目の接種のタイミングはいつがベスト?

13歳未満はワクチンを2度接種します。いちばん抗体が上がりやすくて効果が高いタイミングは、1回目を打ってから4週間後の接種ですが、これについては「状況に応じてフレキシブルに対応するのがいい」とか。「まわりで流行ってきたなと思ったら2週間後くらいを目安にしてもいいと思います。間隔があいたからといってすぐに抗体の上がりが悪くなるわけではないので、『5週間後だと遅すぎる』ということもありません」(森戸先生)。

インフルエンザワクチンに副作用はあるの?

注射したところの痛み、腫れ、かゆみなどが見られることもありますが、そうした症状は2〜3日で消失するのでご安心を。「接種時の注意書きに書かれている脳症やギランバレー症候群、喘息発作といった重篤な副作用の報告がまれにあります。ただし、報告された副反応の原因がワクチン接種かどうかは、必ずしも明らかではありません」(森戸先生)。

接種の際に気をつけたほうがいいことは?

卵アレルギーやアナフィラキシーを起こす危険性がある人は、予約や予診票を書く際にアレルギーがあることを伝えたうえで主治医と相談しましょう。37.5度以上の発熱はインフルエンザに関わらず予防接種全般がNG。熱がなくても喘息発作がある、嘔吐・下痢がひどいなど全身状態が悪い人も打てません。接種前には、お子さんにいつもと違う状態がないかよく見てあげてください。

接種後に気をつけるのは、激しい運動を控えること。バレエ、プール、サッカーなどのお稽古ごとがあればお休みしましょう。「といっても、2、3歳くらいのお子さんが公園で遊ぶくらいでしたら問題ありません。お風呂に入ることもいつも通りで構いませんが、湯船につかるのは接種後1時間後以降にしてください」(森戸先生)。

予防接種以外にインフルエンザの予防法はあるの?

大人と同様に手洗いとうがい、マスクの着用が基本ですが、お子さんが小さい場合は手を洗い、拭いてあげること、室内の気温と湿度を上げてインフルエンザウイルスにとって都合が良くない環境にすること、人混みの多い場所に連れていかないことが基本となります。

また、同居家族全員がワクチンを打つことも大切です。
「大人から子どもにうつってしまっては元も子もないですし、子どものインフルエンザが祖父母にうつって重い肺炎になるということもあります。パパやママも子どもが生まれると行動範囲が変わって病気をもらいがちですし、寝不足などで抵抗力も落ちがち。予防できることはしっかりしておきましょう」(森戸先生)。

<参考サイト>
厚生労働省「平成29年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html

森戸やすみ/小児科医 一般小児科、NICU勤務を経て、現在は世田谷のさくらが丘小児科クリニックに勤務中。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』、『孫育てでもう悩まない! 祖父母&親世代の常識ってこんなにちがう? 祖父母手帳』など。産婦人科医ママ宋美玄×小児科医ママ森戸やすみオンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/143/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

関連記事 関連記事

pick up pick up