mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mama知っ得!情報

知っておきたい!「敬老の日」の豆知識

9月の第3日曜日は、敬老の日。長年、社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日です。
ところで、みなさんは敬老の日の由来や、いつから、どんなお祝いをするのがいいかなど、どのくらい知っていますか?

敬老の日の由来と変遷は?

敬老の日の由来は、1947年(昭和22年)に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で提唱された「としよりの日」だといわれています。
当時の野間谷村では、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、農閑期で気候もいい9月中旬の15日を「としよりの日」と制定し、敬老会を開くようになりました。
「としよりの日」は、その後全国に広まっていき、1954年(昭和29年)には老人福祉法の制定にともなって「老人の日」と改称。「国民の祝日法」が改正された1966年(昭和41年)には、「敬老の日」という名称で国民の祝日に制定されました。

それ以降、毎年9月15日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」として親しまれてきましたが、2001年(平成13年)の祝日法改正でハッピーマンデー制度※が導入されたため、敬老の日は「9月の第3月曜日」に移行。2019年は9月16日が敬老の日にあたります。

※国民の祝日の一部を月曜日に移し、土曜日・日曜日と合わせて3連休にする制度。

敬老の日に「何歳から」という決まりはある?

国連の世界保健機関 (WHO)では、65歳以上の人を高齢者と定義。
日本の医療制度においても65〜74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と定めていますが、敬老の日の対象年齢については、「何歳から」という決まりがありません。
定年退職した年にするのか、65歳や70歳という節目の年にするのか……。それぞれの判断で敬老の日のお祝いをスタートさせましょう。「急に年寄り扱いすると嫌がるかも」という心配がある人は、孫ができておじいちゃん、おばあちゃんになったタイミングでお祝いをはじめるのがいいかもしれません。

敬老の日には何をすればいい?

食事会を開く、プレゼントを贈る、一緒に旅行に出かけるなど、お祝いの方法はさまざま。大切なのは、「何をするか」ではなく、「感謝やねぎらいの気持ちをしっかりと伝えること」です。
とはいえ、中には「何をすればいいのか迷っちゃう」という人もいるかもしれません。
ここでは、楽天市場が60歳以上の男女300名を対象に行った「敬老の日 ホンネ調査」の結果をもとに、「どんなプレゼントが喜ばれるのか?」をご紹介しましょう。

女性は、1位「花ギフト」、2位「スイーツ」、3位「グルメ」がBEST3。
男性のほうは、1位「お酒」、2位「スイーツ」、3位「グルメ」が上位となりました。
男性の4位にも「花ギフト」がランクインしていることから、お花と食品が敬老の日のプレゼントの“王道”といえそうです。
敬老の日にぴったりな「感謝」や「長寿」の花言葉を持ったお花を選んだり、プレゼントにさりげなくメッセージカードを添えたりすれば、より気持ちが伝わるのではないでしょうか。

「いつもありがとう」「ずっと元気でいてね」——。敬老の日は、普段は照れくさくて伝えられない思いを伝えるチャンスでもあります。たとえプレゼントを渡さなくても、子どもと一緒に顔を見せにいったり、電話をかけて話をしたりするだけでも、きっと喜んでもらえるはず。家族みんなで、素敵な思い出を作ってくださいね。

【協力】
楽天市場
https://event.rakuten.co.jp/keirou/special/honne/

【参考サイト】
総務省統計局 なるほど統計学園 9月15日 敬老の日
http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0915.html

内閣府 国民の祝日について
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

兵庫県多可町ホームページ 「敬老文化」のまち宣言
https://www.town.taka.lg.jp/files/user/pdf/kikaku/2016-09-15_keiro-sengen.pdf

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

関連記事 関連記事

pick up pick up