mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mama知っ得!情報

知っていますか? 母の日の由来や歴史

母親に日ごろの感謝の気持ちを伝える母の日。2021年は5月9日です。 ところで、母の日がなぜ特定の日ではなく 5月の第2日曜日なのか、いつ、どうやってはじまったのか?  そして、なぜカーネーションを贈るのかなどについて、聞いたことはありますか? 今回は、知っているようで意外に知られていない、母の日の豆知識についてまとめてみました。

母の日はいつ、どうやってはじまった?

みなさんもご存じのとおり、母の日というのは、母親の日頃の苦労をねぎらい、感謝の気持ちをあらわす日です。 その由来には諸説ありますが、「アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、フィラデルフィアで行なわれた母の追悼式に、一箱のカーネーションを捧げたことからはじまった」という説が有力とされており、日本における母の日もアンナの活動が起源とされています。

では、アメリカ発祥の“母の日にまつわる物語”について、もう少し詳しくみていきましょう。

いまから100年以上前の1907年。アメリカのウエストバージニア州に住むアンナ・ジャービスは、亡くなった母のミセス・ジャービス(南北戦争において、敵味方を問わず負傷兵の衛生状態を改善するため、地域の女性を結束させた人物として知られています)をしのんで、かつて母が日曜学校の教師をしていたフィラデルフィアの教会で追悼の会を開催。祭壇にミセス・ジャービスが好きだった白いカーネーションを飾り、「生きている間に母に感謝の気持ちを伝える機会を設けるべき」という思いを伝えました。

それから1年後の1908年5月、アンナの思いに共感した町の人たちは、同教会に集まって、“母をたたえる記念式”を催し、最初の「母の日」を祝福。その際、アンナは式典に参加した人たちにむけて、ミセス・ジャービスが好きだった白いカーネーションを配ったそうです。余談ですが、ミセス・ジャービスは「母の日ワーククラブ」というボランティア団体を創設し、社会平和のために尽くした心やさしい人物。多くの人がこの心あたたまる催しに参加したのは、そうした故人の人柄にも関係しているのではないでしょうか。

その後、母の日を普及させようとする流れがアメリカ全土にまで拡大。1914年には当時の大統領であったウィルソン大統領が、アメリカの国民の祝日として5月の第2日曜日を「母の日」と定めるに至りました。ちなみに、5月の第2日曜日というのは、アンナの母が亡くなった日(1905年5月9日)が、第2日曜日だったことに由来しています。

一人の女性の母を思う気持ちが、長い時を経た今もしっかりと受け継がれている。そう考えると、とても素敵な記念日だとは思いませんか?

日本に母の日が伝わったのは大正時代

日本に母の日が伝わったのは、明治末期から大正にかけてです。 青山学院大学に関わりの深い、マイラ・E・ドレーパー、メアリー・J・ホルブルック、ファニー・G・ウィルソンという3人の女性宣教師の尽力によるものだとされています。

母の日が、日本で初めて公式行事として祝われたのは1932年のことですが、その際、各界の著名人に母の日を広めたのが、ファニー・G・ウィルソン(ロバート・P・アレキサンダーと結婚したことから、アレキサンダー女史とも呼ばれています)。当時の新聞には、「母をたたふ」というタイトルで、日比谷公会堂で開催された「母の日」大会の様子が書かれており、アレキサンダー女史がカーネーションの花かごを捧げたという記述もあります。

その後、キリスト教会や婦人団体の間で、母の日が祝われるようになっていきますが、全国的に知られるようになったのは、お菓子メーカーによる“ある活動”がきっかけでした。

昭和11年に森永製菓が心あたたまる行事=母の日を広めるべく、「森永母の日」の行事を全国規模で展開。母をたたえる歌の懸賞募集を行ったり、20万人もの母親をイベントに招待してお菓子の引き換え券などをプレゼントしたりといった活動を行ったことで、母の日が広く認知され、定着していったのです。

なお、母の日にプレゼントを贈る習慣ができたのも、この活動がきっかけだといわれています。


母の日の定番であるカーネーションの意味は?

レンタルポジ候補 C 決定

アンナが、母をしのぶ式典で参加者にカーネーションを配ったことから、カーネーションは母の日のシンボルとして扱われるようになりました。同時に、「母の日にはカーネーションを贈る」という風習も生まれ、それが現在まで続いています。

でも、ここでひとつの疑問が……。はじまりは白いカーネーションだったのに、なぜいまは赤やピンクなどのカーネーションが一般的になっているのでしょうか?

一時期、母の日のカーネーションには「母親が健在の人は赤いカーネーションで、母親を亡くした人は白いカーネーションを贈る」というのが定番でした(これもまた、アンナの提案だったとされています)。 でも、次第に「そうした区別によって傷つく子どももいるのではないか?」という声があがるようになり、赤いカーネーションのほうだけが定着。近年では、カーネーションの色が増えて、「色にこだわらなくてもいい」という風潮になったのです。

とはいえ、カーネーションは色によって、花言葉が違ってくることも事実です。 「伝えたい思い」に合わせて色を選ぶのもいいでしょう。 ここでは、色別の花言葉についてもご紹介します。



赤:母への愛、感動
ピンク:感謝の心、温かな愛情
オレンジ:情熱、清らかな慕情
濃い赤:欲望、心の哀しみ
黄:軽蔑
白:純粋な愛


赤やピンクは、親愛の情を伝えるのにぴったり! 一方で、濃い赤や黄色はネガティブなイメージが強いので、母の日にはあまり適していないかもしれません。なお、白のカーネーションは、花言葉自体はポジティブなものの「亡き母をしのぶ花」というイメージが定着しているため、母親が健在な場合は避けたほうが賢明だとされています。

ここまで、母の日の由来やカーネーションの花言葉などを紹介してきましたが、母の日に特別な決まりがあるわけではありません。大事なのは、みなさんの気持ちです。 「ありがとう」や「大好き」という言葉で、“大切に思う気持ち”を伝えるだけで、きっと素敵な母の日になるはずです!

【出典・参考】
<書籍>
・子どもに伝えたい年中行事(萌文書林)
・12ヶ月のしきたり―知れば納得!暮らしを楽しむ(PHP研究所/新谷尚紀)
・美しい花言葉・花図鑑(ナツメ社)
・知恵蔵(朝日新聞社)


<WEBサイト>
・West Virginia Archives&History
http://www.wvculture.org/history/thisdayinwvhistory/0508.html
・アオガクプラス
https://aogakuplus.jp/variety/20190418_11/
・森永デジタルミュージアム
https://www.morinaga.co.jp/museum/history/detail/product/167

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

関連記事 関連記事

pick up pick up