mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mama's kitchen

キャラクターといっしょにお祝い! コーすけレアチーズケーキ

手軽に作れるレアチーズケーキを、コーすけゼリーで楽しくアレンジ!

まぜて流し入れるだけなのに、味わいは本格的。そんなレアチーズケーキに、コープ共済の人気キャラクター・コーすけの笑顔をのせて、楽しい一皿に仕上げました。元気いっぱいのコーすけは、甘酸っぱいいちごのゼリー。甘さひかえめで、さわやかなチーズケーキとの相性も抜群です!

◎所用時間 20分(冷やし固める時間を除く)

材料

<直径15cmの底がとれるタイプの丸型1台分>

●レアチーズケーキ
好みのビスケット(市販)・・・80g
無塩バター・・・50g
クリームチーズ・・・200g
砂糖・・・60g
プレーンヨーグルト・・・120g
生クリーム・・・100ml
粉ゼラチン・・・5g
レモン汁・・・大さじ1
飾り用のマンゴーの薄切り・・・適宜

●コーすけのいちごゼリー
いちごピューレ・・・120ml(生のいちごから作る場合は、いちご150gをフードプロセッサーにかけるか、裏ごしする)
粉ゼラチン・・・10g
砂糖・・・大さじ1.5
植物油・・・少量
チョコペン(茶、ホワイト)・・・適量

準備

●レアチーズケーキ
・無塩バターは耐熱容器に入れ、電子レンジで50秒〜1分加熱する。
・クリームチーズ、ヨーグルト、生クリームは室温に戻しておく。
・粉ゼラチンは、水大さじ2を入れた耐熱容器に振り入れて混ぜ、ふやかしておく。

●コーすけのいちごゼリー
・バットの内側にクッキングシートを敷き、油を薄く塗る。
・コーすけの顔をプリントアウトし、クッキングシートで輪郭をなぞって型紙を作る。チョコペンを50℃くらいの湯せんでとかし、耳、口、目を型紙の上から描き、冷やし固めておく。

※ここでは、底面16.5×11cmのバットを使用しています。

作り方

レアチーズケーキを作る。ビスケットはフードプロセッサーにかけてこまかく砕くか、厚手の密閉袋に入れて上からめん棒で叩き、ボウルに入れる。溶かしたバターを加えて混ぜ合わせ、型の底に敷きつめる。スプーンの背で押して平らにしたら、冷蔵庫で冷やす。

ボウルにクリームチーズを入れて泡立て器でよく練り、砂糖を加えてさらにふんわりと混ぜ合わせる。ヨーグルト、生クリームの順に加え、その都度よく混ぜ合わせる。

ふやかした粉ゼラチンを電子レンジで10秒加熱して溶かし、②に加えて混ぜ合わせ、レモン汁も加えて、ざるでこす。

冷やしておいた型に③を入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やす。

いちごゼリーを作る。小鍋に水120mlを煮立たせ、火を止めて粉ゼラチンを加えて混ぜ溶かす。粉ゼラチンが完全に溶けきったら砂糖を加え、再び完全に混ぜ溶かす。

ボウルに⑤といちごピューレを混ぜ合わせ、底を氷水につけながらゴムべらで混ぜてとろみをつけ、バットに流し入れる。冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。

⑥をバットからシートごと取り出し、油を薄く塗った型紙をゼリーにのせ、包丁の刃先で切り出す。

チーズケーキを型からはずし、コーすけのゼリーをのせて、チョコペンで作った耳、目、口をのせ、好みで星型で抜いたマンゴーの薄切りを飾る。ケーキの型をはずすときは、温めたふきんを型の側面にあて、缶詰などの筒状のものの上におくと抜きやすい。

⑥ のとき、ゼリーにくっついてしまうことがあるので、型紙の内側には薄く油を塗ってからのせましょう。包丁の先を型紙の輪郭に沿って入れ、切り出します。

◎型紙に使うコーすけは、こちらからプリントアウトしてください。 http://cosuke.coopkyosai.coop/download/

中村陽子/料理研究家 大学卒業後、料理研究家のアシスタントを経て独立。自身の経験から離乳食やデコ弁、親子クッキング、お菓子などのレシピを考案。幼児食インストラクターの資格も活かし、親子、子ども向け雑誌、書籍、Web、広告などで活躍中。一男一女のママ。
https://www.yokonakamura-cooking.work/

関連記事 関連記事

pick up pick up