mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mama知っ得!情報

もしものとき、どうする? 子どもと取り組む防災マニュアル

日本は世界でも有数の災害大国。地震や台風などの自然災害は、いつどこで起こるかわかりません。そして、もしものときに家族みんなが一緒にいるとも限りません。だからこそ、一人ひとりが自分の身を守れるように、日頃から備えておくことが大切です。そこで今回は、危機管理アドバイザーの国崎信江さんに、家族でできる防災対策について教えていただきました。新生活を間近に控えたこのタイミングで、家族そろって緊急時のルールや持ち物について、確認しておいてはいかがでしょうか。

わが家は大丈夫? 避難場所は? 家族で確認しておこう!

「防災は大事」「わが家も取り組まなくちゃ」と思いつつ、「どこから手をつけたらいいかわからない」という人も多いのでは? そんな人たちのために、まずは“真っ先に確認しておきたいポイント”を5つ紹介しておきましょう。

① わが家の安全度をチェック!
まず確認したいのは、自宅が建っている土地の特徴や安全度。自治体が作成するハザードマップ※を入手して、自宅やその周辺における洪水、津波、土砂崩れ、液状化などの災害リスクをチェックしてみてください。危険度が高ければ、初動行動(災害直後にどう対応するか)と避難するタイミングについて、家族で話し合っておきましょう。

周辺環境の確認が済んだら、自宅そのものの安全性についても再チェック。必ず確認してほしい項目は次のとおりです。

・建物の耐震性に問題はないか
・地震のときに倒れないように、家具や家電製品が固定されているか
・寝室に高い家具や本棚などを設置していないか
・ドアや窓の付近に重たい荷物を置いていないか

地震が起きたとき、大きな家具や本棚、家電製品の下敷きになったら命にかかわります。また、扉付近に荷物を置いておくと、いざというときに扉をふさいで逃げられなくなるかもしれません。子どもと一緒に家の中を確認しながら、「災害が起きても安心安全な空間づくり」を目指しましょう。

※災害における被害予測地図のこと。自治体の窓口やウェブサイト、国土交通省のウェブサイトなどで入手できます。

② 避難場所を決めておく
登下校やお稽古事の行き帰りなど、子どもだけで行動している最中に災害が起こる可能性も十分にあります。そんな場合に備えて、あらかじめ避難場所※を決めておきましょう。「登下校時に火災が起きたら○○に避難」「お稽古事の行き帰りに地震が起きたら△△へ!」というように、居場所や災害事象ごとに避難場所を確認しておくと、より安心です。 「うちの子はまだ小さいし、複数の避難場所を覚えるのは難しいかも」という人は、地震・火事・津波・液状化・土砂災害など、なるべく多くの災害に対応できそうな場所を一つ選んで、避難場所に決めておいてください。

なお、都市部では避難場所に多くの人が集まることが予想されます。避難場所ですれ違わないためにも、避難場所のどこで待ち合わせをするのか、具体的な場所まで決めておくようにしましょう。あわせて、待ち合わせの時間も決めておくと、「家族を待って1日中外で立ちっぱなしだった」といった事態も避けられます。「遊具のジャングルジムの横で、毎日10時と15時に待ち合わせようね。20分待っても来なかったら、次の時間まで自由に行動」という具合に、お互いの心身の負担を軽くする待ち合わせを考えましょう。

※本稿では、「災害後に身の安全を確保するため、一時的に避難する場所」を意味するときは「避難場所」、「災害後、避難生活を送るための場所」を意味するときには「避難所」と表記しています。

③ 避難ルートを確認する
避難ルートの安全確認も大切です。ブロック塀が両側にあるような狭い道や、古い建物がある道、高架下や歩道橋などの下は、倒壊や落下の恐れがあるのでなるべく避けたいところ。事前に下見をして、危険の少ない避難ルートを選んでおきましょう。下見をする際は、「この場所にはどんな危険があるかな?」と、起こりうる危険を想定しながら歩くと、子どもの記憶に残りやすくなり、防災意識も高まります。

加えて、災害時に無料で飲料を提供してくれる自動販売機「災害用ベンダー」や、地域の備蓄倉庫の場所、帰宅支援ステーションなど、災害時に利用できるポイントを把握しておくことも大切。わが家では、避難ルートと、災害時に利用できるポイントをまとめた「国崎家の防災マニュアル」を作って、定期的に更新しています。

④ とっさのときの行動を教えておこう
小学生のころ、多くの人が「ぐらっと揺れたら、すぐに机の下に隠れましょう」と習ったことと思います。それと同じように、「家や外出先で災害が起きた場合にどう行動するべきか」を子どもに教えておくことも大事です。ちなみに、わが家では「揺れを感じたら危険なものから離れて、近くにあるもの(かばんやクッションなど)で頭を守り、ダンゴ虫のポーズをとりなさい」と教えています。体をできるだけ小さく丸めて頭を守るこのポーズは、体の守り方としてイメージしやすいと思います。

⑤ 緊急時の連絡方法は一つだけでは不十分
いざというときに心配なのが家族の安否です。ただし、災害直後は電話やインターネットがつながりにくくなる可能性も……。そうした事態に備えて、下記のように「連絡する順番」や「つながらなかった際の対処法」を決めておきましょう。

1. ママの携帯電話に電話する
2. つながらなかったら、パパの携帯電話に電話する
3. つながらなかったら、おじいちゃん・おばあちゃんの携帯電話に電話する
4. つながらなかったら、親せきの家に電話する

連絡方法を決めたら、1枚の紙にまとめて家族全員が常に携帯するようにします。連絡先を携帯電話やネット上に保存しておくと、携帯電話の充電が切れたり、インターネットがつながらなかったりしたときに確認できなくなるので注意してください。また、子どもの年齢や理解度によっては、災害用伝言ダイヤル(117)やソーシャルネットワークの使い方を教えておくのもいいと思います。

ここで注意してほしいのは、連絡をとることにこだわりすぎて、身の安全がおろそかにならないようにすること。「連絡の前に、まずは安全な場所に身を置くこと」を徹底しておきましょう。

備蓄品は何を、どれくらい準備しておけばいい?

災害の状況によっては、避難するよりも自宅で待機したほうが安全な場合もあります。また、小さなお子さんがいるご家庭であれば、避難所よりも自宅で生活したほうがストレスが少ないのは明らかです(もちろん、自宅が安全であることが大前提です)。 そうした場合に備えて、家族が自宅で生活できる食料・生活用品をストックしておくようにしましょう。量としては10日分が目安です。

【ストックしておきたいもの】
●飲料水
絶対にストックしておきたいのが飲料水です。1日に必要な水分量は、成人で体重1kg当たり50mlといわれています。たとえば体重50kgの人の場合、50ml×50kg=2500mlとなり、1日当たり2.5Lが必要です。また、水にこだわらず、子どもが好む飲料も多めに備えておきましょう。

●食料品
「災害時の食事」=「非常食」と思いがちですが、非常用の特別な食料を用意しなくても、災害に備えることは可能です。わが家を例に挙げると、肉や魚、加熱済みの野菜を冷凍保存して、1カ月分の食材を常にストックするようにしています。また、冷蔵庫にはチーズや納豆、豆腐など調理せずそのまま食べられるものを、食品庫には乾麺や缶詰、牛乳、ジュース類、いも類、たまねぎなど常温保存ができるものを備蓄。冷凍庫のストックと組み合わせて、1日3食×10日分の食事をまかなえるようにもしています。

このように、普段食べ慣れている食料品であれば、「子どもが初めての非常食を嫌がる」という心配がないし、「せっかく買った非常食の賞味期限が切れていた」なんて失敗もなくなるはずです。なお、乳幼児がいるご家庭であれば、液体ミルクや離乳食のストックも切らさないよう準備しておきたいものです。

●調理用品
ガスや電気が止まっても、カセットコンロとボンベがあれば調理が可能です。ガスや電気の復旧には時間がかかるケースもあるので、替えのボンベは多めにストックしておくといいでしょう。ちなみに、保温性が高い鍋を使うと、ボンベの節約につながりますよ。

●生理用品・衛生用品
トイレットペーパー、ウェットティシュ、生理用品、おむつ、マスク、抗菌剤、消臭剤などの消耗品も忘れずにストックを。

●照明器具
停電が長期化した場合に備えて、懐中電灯以外のあかりも用意しておくといいでしょう。倒れて火災を招く心配のない電池式のLEDランタンがおすすめです。

●家庭用蓄電池
近年、非常用の電源として注目を集めているのが「蓄電池」です。蓄電池とは、電気を貯めておき、必要なときに必要な分だけ使えるバッテリーのこと。ライフラインの復旧に時間がかかるケースではとても重宝します。

「非常用持ち出し袋」は家族一人ひとりに合ったものを!

防災といえば、すぐに思いつくのが非常用持ち出し袋ではないでしょうか。でも……。地震が発生したときに、非常用持ち出し袋を手にする余裕があるかというと、必ずしもそうとは限りません。これまであちこちの避難所を訪問して話を伺いましたが、実際のところは「身一つで逃げ出すのがやっとだった」という方がほとんどでした。さらにいうなら、勤務中や旅行先など、自宅から離れた場所で被災する可能性だってあります。

そこでおすすめしたいのが、最低限の防災グッズを日頃から持ち歩くやり方。わが家では、親子そろって以下のアイテムを携帯するようにしています。

【常に持ち歩きたい防災アイテム】
●緊急ホイッスル
キーリング付きのものを選べば、携帯電話やバッグにつけることができて便利です。最近は、コンパクトで大音量かつ蓄光のホイッスルもあるんですよ。

●応急手当用品
三角巾や止血パッドなどは、けがをしたときの応急処置として持っていると安心です。使い方を事前にマスターしておくことも忘れずに!

●ちょっとした食べ物・飲み物
命をつなぐために、ちょっとした食べ物と飲み物は必ず携帯するようにしています。

●携帯トイレ
エレベーターなどで閉じ込められたときに困るのがトイレ。目隠しになる黒いビニール袋とポケットティッシュも忘れずに。

●防災マニュアル
緊急時の連絡先や災害時の行動など、独自の防災マニュアルを紙にまとめて家族全員が携帯しています。

【非常用持ち出し袋に入れるもの】
「必ずしも持ち出せるとは限らない」という話をしましたが、それでも避難所での生活に備えて、非常用持ち出し袋を用意しておくのは大事なこと。大雨などで避難勧告が出て避難所に行くような場合でも、非常用持ち出し袋があればすぐに避難できます。 下に避難先で役立つアイテムをまとめましたので、家族の人数・年齢に合わせて必要なものを準備しておきましょう。

●避難先であると便利なもの

  • ・ウェットシート
  • ・レジャーシートのような敷物
  • ・抗菌剤
  • ・万能ツールナイフ
  • ・携帯トイレ
  • ・ヘッドライト
  • ・レインコート
  • ・ビニール袋
  • ・マスク
  • ・防災用ブランケット
  • ・携帯充電器
  • ・乾電池
  • ・消臭スプレー
  • ・ラジオ
  • ・液体歯磨きなどの口腔ケア用品
  • ・カイロ
  • ・エコバッグ(配給品を入れて運ぶため)
  • ・筆記用具
  • ・生理用品
  • ・ガムテープ
  • ・着替え(2~3日分。靴下も忘れずに)
  • ・せっけん
  • ・タオル
  • ・割れにくい食器類
  • ・大人用おむつ(トイレが使えない場合に備えて)
  • ・手袋
  • ・非常食と飲料
  • ・ハンドクリーム&リップクリーム
  • ・防災用ヘルメット
  • ・水運搬バッグ
  • ・ウェットシート
  • ・レジャーシートのような敷物
  • ・抗菌剤
  • ・万能ツールナイフ
  • ・携帯トイレ
  • ・ヘッドライト
  • ・レインコート
  • ・ビニール袋
  • ・マスク
  • ・防災用ブランケット
  • ・携帯充電器
  • ・乾電池
  • ・消臭スプレー
  • ・ラジオ
  • ・液体歯磨きなどの口腔ケア用品
  • ・カイロ
  • ・エコバッグ(配給品を入れて運ぶため)
  • ・筆記用具
  • ・生理用品
  • ・ガムテープ
  • ・着替え(2~3日分。靴下も忘れずに)
  • ・せっけん
  • ・タオル
  • ・割れにくい食器類
  • ・大人用おむつ(トイレが使えない場合に備えて)
  • ・手袋
  • ・非常食と飲料
  • ・ハンドクリーム&リップクリーム
  • ・防災用ヘルメット
  • ・水運搬バッグ

●子ども用セット

  • ・救急絆創膏
  • ・シリコンのスプーン
  • ・レインコート
  • ・スタイ
  • ・着替え(2~3日分)
  • ・小児用薬(かぶれ防止塗薬も用意しておきましょう)
  • ・液体ミルク
  • ・おやつ
  • ・おむつとおしりふき
  • ・おもちゃ
  • ・離乳食
  • ・救急絆創膏
  • ・シリコンのスプーン
  • ・レインコート
  • ・スタイ
  • ・着替え(2~3日分)
  • ・小児用薬(かぶれ防止塗薬も用意しておきましょう)
  • ・液体ミルク
  • ・おやつ
  • ・おむつとおしりふき
  • ・おもちゃ
  • ・離乳食

子どもの非常用持ち出し袋を用意する際は、「子どもと海外旅行に行く際に持っていくもの」を基準にそろえるといいでしょう。また、慣れない避難所での生活は子どもにとって大きなストレスになるので、あめやお菓子、おもちゃなど、子どもの気が紛れるものを入れておくと重宝します。ただし、あれもこれもと欲張ってしまうと、重くなったり、かさばったりするので気をつけてくださいね。

避難場所の確認も、備蓄品や非常用持ち出し袋の用意も、「一度やれば終わり」というものではありません。定期的に「わが家の防災会議」を開いて、ここに紹介した内容を確認する習慣をつけましょう。子どもたちの防災意識が高まるのはもちろん、備蓄品や避難用グッズの消費期限のチェック・補充もできるので一石二鳥ですよ!

国崎 信江
危機管理教育研究所代表、危機管理アドバイザー。
女性および母としての視点から、家庭を守るための防災対策を提唱している。
「決定版!巨大地震から子どもを守る50の方法」(ブロンズ新社)、「サバイバルブック―大地震発生その時どうする?」(日本経済新聞出版社)など著書多数。

危機管理教育研究所 https://www.kunizakinobue.com

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

関連記事 関連記事

pick up pick up