mamaomoi mamaomoi

ママのための情報サイト

close

mama's kitchen

栄養バランス満点の手づかみ離乳食「パプリカときのこのツナおにぎり」 パクパク期(1歳〜1歳6カ月ごろ)

掲載日:2022/7/20

レンチンだけの一発調理! 食べやすいミニおにぎり

しいたけの風味とツナのうまみ、パプリカのシャキシャキ食感のハーモニーが楽しい、具だくさんのおにぎりです。具材を別で煮る必要がないから、とっても手軽!
電子レンジでチンするだけなので、忙しい日の朝ごはんやお出かけ時の離乳食にもおすすめです。食べやすいサイズににぎって、赤ちゃんの「自分で食べたい!」という気持ちを応援しましょう。



材料

<4個分>

・赤パプリカ…小1/4個(25g)
・しいたけ…1個(25g)
・しょうゆ、みりん…各小さじ1/2
・ツナ水煮缶…20g
・ごはん…80g



作り方

パプリカは5mm角に、しいたけは軸をのぞいて粗みじん切りにする。

耐熱容器に、ごはん、パプリカ、しいたけの順に入れてふんわりラップをし、600W の電子レンジで1分30秒〜2分加熱する。



しいたけ、パプリカから水分が出て、ごはんが適度にしっとりまとまります。おにぎりにしたときにもポロポロこぼれにくいから、食べやすい!



茶こしなどでしっかりと汁けををきったツナを加え、再びラップをかけて2〜3分蒸らす。





ツナの汁けには塩分、油分が多く含まれるのでしっかりきってから加えましょう。油分が多いと赤ちゃんの胃腸への負担が大きいうえに、ごはんがパラパラになってにぎりにくくなります。



しょうゆ、みりんを加えてしゃもじで混ぜ、4等分にしてラップで丸く握る。



中村陽子

中村陽子/料理研究家
大学卒業後、料理研究家のアシスタントを経て独立。自身の経験から離乳食やデコ弁、親子クッキング、お菓子などのレシピを考案。幼児食インストラクターの資格も生かし、親子、子ども向け雑誌、書籍、Web、広告などで活躍中。著書に『理系脳をつくる 食べられる実験図鑑』(主婦の友社)など。一男一女のママ。
https://www.yokonakamura-cooking.work/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

関連記事 関連記事

pick up pick up